動脈硬化とは?│久地駅で内科をお探しの方は村川内科クリニックまで

044-455-5516

044-455-5516

休診日:土曜午後、木曜、日曜、祝日


診療時間
9:00~12:00
15:00~18:00

動脈硬化とは?Arteriosclerosis

動脈硬化はこんな病気ですArteriosclerosis

久地駅・村川内科クリニック・動脈硬化はこんな病気です

動脈硬化とは、文字の通り「動脈が硬くなる」ということです。
年齢とともに血管も老化が始まり、動脈の血管壁が硬くなります。さらに、血管の内側に脂肪などがこびりつくようになると、血管の中が狭くなって血流も悪化。脂肪のかたまりなどが血管をつまらせることもあり、弾力性のない血管は破裂するリスクもあります。

また、血流の悪化で酸素や栄養分が身体に十分に行き渡らなくなり、臓器や組織の機能不全や壊死という事態も招きます。

動脈が硬くなると
  • 血流が悪くなり心臓に
    負担がかかる
  • 臓器や組織の機能が失われる
  • 臓器や組織の壊死が起こる
  • 血管が破裂しやすい

動脈硬化が進行すると
どうなる?Progresses

久地駅・村川内科クリニック・動脈硬化が進行するとどうなる?

動脈硬化が進むと、滞りやすい血流を流そうとするために心臓の負担が増大。高血圧、心不全、心肥大などの心疾患が起こりやすくなります。
また、血管が狭くなることで、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などのリスクが上昇し、硬くなった血管の破裂により起こる脳出血の可能性も高くなります。
動脈硬化はさまざまな症状を引き起こしますが、自覚症状はほとんどありません。突然命が危険にさらされる前に、定期検診で血管の状態を調べておきましょう。

動脈硬化が原因となる疾患

動脈硬化の進行で…

心臓 ………………………… 心肥大、心不全、高血圧、心筋梗塞、狭心症など
脳 …………………………… 脳卒中(脳梗塞、脳血栓)、クモ膜下出血など
足 …………………………… 抹消動脈疾患、下肢閉塞性動脈硬化症など
大動脈 ……………………… 大動脈瘤、大動脈解離など

動脈硬化の原因Cause

久地駅・村川内科クリニック・動脈硬化になるのはなぜ?

動脈硬化の発生と進行

久地駅・村川内科クリニック・動脈硬化になるのはなぜ?

動脈硬化になるのはなぜ?

動脈硬化の原因は、加齢や糖尿病、高血圧、喫煙などさまざま。
特に問題なのは、「悪玉コレステロール」です。悪玉コレステロールは、動脈の血管壁に「プラーク」という脂肪のかたまりを作ってくっつきます。
健康な動脈は弾力があり、サラサラの血液がスムーズに流れています。ところが動脈硬化になると、硬くてプラークで狭くなった血管の中を、脂肪や糖の混じったドロドロの血液が流れることに。悪化するとプラークなどで血管がつまり、破裂することもあるのです。

久地駅・村川内科クリニック・動脈硬化になりやすくなる「危険因子」

動脈硬化になりやすくなる
「危険因子」

動脈硬化には、「加齢」「男性」という自分では対処できない危険因子と、「喫煙」「肥満」「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」「ストレス」など自分でコントロール可能な危険因子があります。
危険因子が多いほど動脈硬化になりやすく、進行も早い傾向があります。特に「高血圧」「高脂血症」「喫煙」の3つには要注意です。

  • 久地駅・村川内科クリニック・肥満
    肥満

    内臓脂肪が増えるにつれ、動脈硬化を起こす血中の悪玉コレステロールや中性脂肪も増加。また、内臓脂肪が多い状態が続くと高血圧や高血糖につながり、動脈硬化を促進させます。

  • 久地駅・村川内科クリニック・脂質代謝異常
    脂質代謝異常
    (脂質異常症)

    中性脂肪が増えると肥満になるだけでなく、超悪玉コレステロールも増えてしまいます。超悪玉コレステロールは血管内壁で酸化し、動脈硬化の原因になります。

  • 久地駅・村川内科クリニック・高血圧
    高血圧

    高血圧は血管内壁を損傷し、コレステロールが血管内に入ることを助長。また、血管に負担がかかるため、動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞にもつながる可能性があります。

  • 久地駅・村川内科クリニック・高血糖(糖尿病)
    高血糖
    (糖尿病)

    高血糖が続くと、インスリンの働きの低下、血中の脂質増加を招きます。食後に血糖値が急上昇する「食後高血糖」は特に血管内壁に白血球などがこびりつきやすく、動脈硬化の要因に。

  • 久地駅・村川内科クリニック・喫煙
    喫煙

    体内の活性酸素が増える喫煙は、血管内壁に入り込んだコレステロールを酸化させます。さらに血管の収縮から高血圧へとつながります。

  • 久地駅・村川内科クリニック・体質
    体質

    親族に心筋梗塞や脳卒中などを起こした人が多くいると、動脈硬化になりやすい体質である可能性があります。若い頃から注意して生活を送りましょう。

動脈硬化が気になる方の
チェック表

悪玉コレステロールが増加する原因は、生活習慣によるといわれています。
下の項目の中で当てはまるものが多い人は、生活スタイルの見直しや病院での検査をおすすめします。

  • 45歳以上の男性、または55歳以上の女性である。
  • 毎日喫煙している。
  • 不規則な生活を送っている。
  • 最近のどがよく乾く。
  • 野菜が苦手、もしくはほとんど食べない。
  • 医者に高血圧といわれた。
  • よく頭痛が起こる。
  • BMI値が26.5以上だ。
  • 日常的にストレスを感じる。
  • あまり運動をしていない。
  • 毎日お酒を飲んでいる。(ビールで500cc以上、
    日本酒で1合以上、ウイスキーでグラス1杯以上)

動脈硬化の治療Treatment

動脈硬化の発症・悪化を防ぐのに
重要なのは、生活習慣の見直し。
次のことを意識し、心がけましょう。

久地駅・村川内科クリニック・普段から適度な運動を

1普段から適度な運動を

適度な運動を継続すると、肥満やストレスを解消できます。また、善玉コレステロールが増えるという報告も。

いきなり激しい運動をすると身体に負担がかかり危険です。メディカルチェックを受けてから適切な運動を行いましょう。

久地駅・村川内科クリニック・栄養バランスを考えた食事を

2栄養バランスを考えた食事を

毎日、栄養バランスの取れた程よい量の食事が理想的。
イワシやサバなどのDHAやEPAを多く含む魚や、野菜・海藻を多く摂るようにしましょう。

久地駅・村川内科クリニック・服薬治療も一緒に

3服薬治療も一緒に

脂質異常症、高血圧、閉塞性動脈硬化症などの薬を服用し、動脈硬化を引き起こす危険因子の改善と、合併症の予防をめざしましょう。

動脈硬化は、日本人の死因の約23%を
占める心筋梗塞や脳卒中の一大要因。
発症に気づきにくいことから、
生命の危険が突然やってきます。
そうなる前に、「生活習慣の改善」と「定期的な通院・検診」で
ご自身を守りましょう。